散骨の歴史とメリット

散骨の歴史とメリット

散骨は行政への許可や申請が必要なく、法律で定められた墓地以外の場所に遺骨を撒くことです。


葬送の目的で、他人に迷惑をかけず、マナーを守り、節度を持って行うことが前提です。

日本では、明治時代に「墓地埋葬取締規則」が制定され、墓地以外の場所での遺体の埋葬が禁止されるようになりました。



政府は埋葬する場所を定めて、衛生上の問題を解決しようとしたのです。
当時は、墓石を作ったたわけではなく、木の札に名前を記し、墓標にしていました。

墓石が作られるようになったのは、大正時代から昭和時代にかけてのことです。

それ以来、人が亡くなると、火葬して、墓に埋葬するのが一般的な葬送の方法になりました。墓は先祖代々から継承され、維持されてきましたが、現代は核家族化、少子化が進み、昔のように墓を継ぐという考え方が、変化してきています。



また、死後は墓に埋葬されるのではなく、大自然に還りたいと願う人も現れ、葬送に対する意識も変わっていきました。

ジョルダンニュース!をわかりやすく説明しています。

その後、1991年にNPO法人の「葬送の自由をすすめる会」によって、散骨が行われ、「自然葬」が広く知られるようになりました。
散骨する場所は海が最も多く、船やボートの上から、遺族が粉になった遺骨を撒く姿が見かけられるようになりました。

岸から一定の距離をおくこと、航路や海水浴場の近くは避けることなど、いくつかの注意点があげられますが、遺骨は墓の管理、維持、金銭的負担を減らし、環境に優しい自然葬のひとつといえるでしょう。

Copyright (C) 2016 散骨の歴史とメリット All Rights Reserved.