古代人類からの葬送法、海洋葬

古代人類からの葬送法、海洋葬

人類には、古代から死者を自然に還すという自然葬をしていた歴史があります。

死後の肉体は大自然に還るという考え方は、昔からの死生観に基づいたものです。

日本では、明治時代になって、墓地以外の場所での遺体の埋葬や散骨が禁じられ、近年までの長い間、遺体は火葬され、墓地に埋葬するのが一般的でした。


それらは、血縁者が多い頃は、続けてくることができましたが、家族構成が変化し、墓地の購入が難しくなった現代において、墓地への埋葬は負担が大きくなってしまいました。
社会環境の激変によって、今は従来の墓地への埋葬以外に、自然葬、海洋葬が行われるようになりました。

高いお金を払って小さな墓に入るより、自分の好きな場所で散骨されたい、大自然に還りたいという、古代人類が行っていた方法が見直されてきているのです。



海洋葬には代理散骨、合同葬、個人葬の三つの種類があり、予算と希望に合わせて選ぶことができます。

代理散骨は、業社に散骨を依頼するもので、合同葬は何人かのグループが船に同乗するものです。


個人葬は船を貸しきることができます。



海洋葬で葬儀を行う場合、開会の辞が行われ、黙祷、献花、散骨と続きます。

NAVERまとめのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

散骨後は故人を偲んで、周辺を三週、回ります。

海上葬にかかる費用は、船のチャーター料、乗務員費、司会料などで、船は漁場や海外交通の要所を避けて運航します。
服装は、散骨以外の目的で乗船する人もいるため、喪服ではなく、動きやすいものを選び、靴は安全のためゴム底のものを選ぶと安全です。

Copyright (C) 2016 古代人類からの葬送法、海洋葬 All Rights Reserved.