散骨の特徴とメリット

散骨の特徴とメリット

日本では、人が亡くなればお墓に入るものという考え方でした。

しかし少子高齢化が進み、現在ではお墓の後継者がいない家庭が増えています。



子供がいても遠くに住んでいてお墓の管理を出来ない場合も多くあります。また、お墓を建てるのは高い費用が掛かり、その後の管理が大変である事から、埋葬に対する考え方が変わってきています。

人が亡くなったら、お墓に入るという固定観念や慣習にとらわれ無い人が増えて来ています。

その為、最近では人間が自然に還る事が出来る自然葬で埋葬する形が増えて来ておりその中の一つが散骨です。散骨とは、亡くなった方の遺体を火葬した後さらに焼骨しさらに細かく粉末状にして海や空や山にまかれます。お墓に入るという固定観念が変わり、最近では人間が生まれた本来の自然に還れるというメリットがある散骨を希望する人が増えています。


また、お墓を継承する必要も無くなり残された家族に負担を掛ける事がなくなります。

費用面でも、お墓を買うとなると高額の費用が掛かりその後の、管理費も大きな負担になりますが、散骨にすればお墓のように高額な費用が掛からないので家族に金銭的な面でもあまり負担を掛ける事が無くなります。



宗教や宗派などに関係なく行う事が出来ます。

独自のシステムでガジェット通信の情報を今すぐ確認できます。

遺骨を撒く場所も故人の思い入れのある場所にする事が出来ます。

現在日本で行われている散骨の方法は、海に遺骨を撒くものが多く、その他にはヘリコプターを使い山林の上から撒く方法などがあります。

Copyright (C) 2016 散骨の特徴とメリット All Rights Reserved.