進む散骨への理解と注意点

進む散骨への理解と注意点

散骨は埋葬方法の一種です。

日本では火葬後にその骨を墓地へ埋葬することが一般的でしたが、少子化などによって墓地を管理する子孫、家族がいなくなる場合や、故人の生前の遺言で思い出のある場所に散骨を望んでいたといったことが主な理由となるようです。

しかし、現在の日本では墓地、埋葬に関する法律では明示的な規定がされていないため、市区町村ごとに独自に条例を制定していたり、特に何も規定をしていなかったりとその扱いはまだ統一されていません。


ひとまずは節度を持って行われる分には散骨のような埋葬も基本的人権のひとつとして解する他、刑法の死体遺棄にも該当はしないということにはなっています。



しかし、現実にはトラブルが多く、散骨しようとする場所の近くに飲み水の水源があったりすると付近の住民からの反発は避けられないでしょうし、自分の持つ土地であっても将来売却する際に揉める原因ともなりかねません。

陸地からずっと離れた海上や、空中で粉末状にした遺骨を少量散布し、後は小瓶に納めた遺骨を自宅の仏壇などに納めるといったやり方が無難とされています。

また、最近ではトラブルが起きないように海などに専用の場所を用意して提供したり、遺骨入りの仏具を作成するといったサービスを行ってくれる会社も増えています。

ここまではあくまで日本国内での話になります。



海外では法律で明示的に散骨が禁止されている国などもあり、重罪として罰せられたりするケースもあるので注意してください。

すごく便利なガジェット通信をご紹介いたします。

Copyright (C) 2016 進む散骨への理解と注意点 All Rights Reserved.